検索
  • hiromiph

【そうだったのか!】筋トレと血糖の関係!

更新日:2021年5月12日



たくさんの人が、筋肉トレーニングをされていると思いますが、

今日は筋トレと血糖の関係について、お話したいと思います。

結論から言うと、筋トレは血糖値の改善にとても効果的です。

筋肉にはグリコーゲンという、糖がたくさん集まった貯蔵糖があります。

これは、急にエネルギーが必要になる緊急時の為の貯蔵糖です。

緊急時にはエネルギーを消費して、エネルギーを生み出します!

どういうこと??と思われるかもしれませんが、

貯金を下ろすのに、手数料を取られる感じですね!

つまり、筋トレという急な出費に際して、手数料を払ってでも、

エネルギーを生み出す仕組みがあるのです。

そして、減った貯金は、手数料を払って、すぐに取り戻されます。

つまり、筋トレによって筋肉のグリコーゲンが消費されて、

消費されたグリコーゲンは、血液中の血糖ですぐさま補完されます。

この時にもエネルギーを消費するので、グリコーゲンを消費して、

再貯蔵するということは、エネルギー効率がよくありません。

つまり、筋トレをするということは、非効率に血糖を消費することになるのです。

そのため、筋トレは血糖値をさげるのに効果的といえるのです。

ちなみに、この時に乳酸が産生されるので、

効果的な筋トレかどうかは、乳酸が溜まるか否かとも言えます。

なので、血糖値が気になる方は、乳酸が溜まるような筋トレ習慣をすると、

血糖値の改善が期待できます!

ちなみに、今回の糖は、すべてグルコース=ブドウ糖です!




閲覧数:16回0件のコメント